「令和」の目標みたいなこと

スポンサーリンク

どうも、なおとです。

令和になりましたね。令和初のブログです。今回は、令和に向けての決意表明的な感じ。

自身の平成を振り返って

平成を振り返ってとは言ったものの、簡単に振り返れるものでもありませんね。大晦日に1年を振り返るのとは、スケールが違い過ぎる。

何せ平成生まれですもの、平成を振り返る=半生を振り返ることになるからね、まぁそれもいつかはやらないといけない気がするけど今回は割愛。ここ最近のことを考えます。

平成の終わりはあまり良いものではありませんでした。平成と令和の架け橋とも言えるGWの真っ最中ですが、仕事的には絶賛炎上中。平成最後の仕事も空回りして終わってしまいました。

法律的な制約もあったりするので、10連休とは言えないまでも連休は頂けてますが、実態としては休んでいる場合では無い状況、時間外も多い。

休みが明けたらまたトップスピードで納期に向けて駆け抜ける、ここ数カ月はそんな感じ。私は疲弊しています。

疲弊はしているけど、体力的には頑張れば耐えれる。「耐えれる」って表現をしている時点で「無理してる」ことが垣間見える。

そんな状況から脱却するために勉強をしてスキルアップをしなければならないと思い、データベーススペシャリスト試験の勉強もしていました。→月の残業80時間でデータベーススペシャリスト受けてみた結果…

そうなるともう遊んでいる暇も無く、一人暮らしをしている身でもあり、友人や家族と交わす時間も少なくなった。というか、こんな仕事の状況で会わす顔が無いっての本音だったりします。

そうした生活だと問題なのは、精神面の方。仕事が楽しくなく、懐疑的に毎日を過ごしている、とはいえ、それを表には出さず上手いことやらないといけないから、本音と建て前の乖離が広くて疲れる。普段は上手いことやってるんだけど、己のキャパを超えると途端に仕事が不調になってしまいます。

もう辞めろってツッコミは自分でも散々しています、やめる「つもり」が積もり積もって山になっています。自分程度の仕事の代わりなんて誰でもいるはずなのに、無駄な責任感にかられて辞められません

「仕事の代わりなんて誰かがやってくれるから気にせず辞めていい」なんて手垢のついた忠告、いざ自分の身になると辞められないものですね…。

なんか長くなってしまったからこの辺で。要は仕事に悩んでいるっていう元号なんて関係ない多くの社会人が一度は通るであろう普遍的な悩みに元号を跨ぐこのタイミングで直面しているというだけのお話。

令和で成し遂げたいこと

「成し遂げる」なんて大層な表現はしたけど、ただの自分の目標みたいなことを挙げようと思います。これもまた、平成の振り返りと同じくスケールがでか過ぎるので、具体的なことは何一つないですけど。

楽しく生きる

令和は、楽しく生きたい。こう書くと平成が楽しくなかったようになってしまいますが、終盤だけに焦点を当てると楽しいとは言えませんでした。こう書くとまた関わってくれた人に申し訳ないので弁明させてもらうと自分自身の問題です。

素直に生きる

「楽しく生きる」ためにもっと素直にやりたいことに時間を費やしていきたいです。人に気を使い過ぎて自分が思うように出せなかったことが多かったから、これからはもっと素直に生きていければいいな、と思います。

人を頼る・頼られる

あとは人を頼る。自身のスキルアップを怠らないとともに、もっと人を頼ろうと思います、公私ともに。持ち前のプライドの高さから、とんがって一人で何でもやろうとしてたけど、やっぱり凡人には無理があることに最近気づきました。

色々な人と関わって、頼って、時には頼られて、良い出会いや時には悪い出会いも経験していきたい。

スポンサーリンク

あとがき

さて、何も具体性の無い目標設定をしました。現環境への不満を匂わせる文章となっているため、見られたらまずいかもしれない。まぁ、ビクつくのはやめよう。仕事に満足していないというのは、本音だし。

これを書いたのは自分の考えの整理というか、自分に向けての問いかけであって、誰かの役に立つものではないかもしれないけど。せっかくだから、公の場に書いてみた。

気が早過ぎるけど、次の元号を迎える時にこの記事を見て答え合わせが出来たら面白いな。

それでは、また

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です