Tern Link N8を購入した話

スポンサーリンク

どうも、みつやです。

前回の記事で夏休みに輪行したことを書きました。→Tern Link N8を購入したので山中湖へ輪行してきた
改めて、購入した自転車を紹介したいと思います。

購入した自転車は?

前回記事やタイトルで既にネタバレしていますが、購入した自転車は、Ternの「Link N8」です。

折りたたみ自転車購入に至った理由は、前回の記事に書いたように輪行をするためです。とはいえ思いはあっても、自転車についての知識が無いため、何を基準に選べばいいかわからないので、ネットで調べた浅い情報を基に自転車屋に赴き、店員さんにとりあえず条件を2点だけ伝えて良さそうなものを選んでもらいました。

その条件とは、

  1. 輪行に適していること
  2. 初期投資が10万円以内であること

1つ目の輪行については、輪行をしたいがために自転車を購入するので、それに適してなければ話になりません。サイズ、重さ、輪行の手間(折りたたんで輪行バッグに入れるまでの時間とか)などの話を説明してもらいました。

2つ目は予算についてです。10万円というのは、都内で一人暮らしの若者にとっては、大金です。初期投資を10万円に設定した理由としては、折りたたみ自転車の利便性を感じるための費用として、そのくらい必要と思ったからです。

また、この予算には自転車本体の他に自転車を乗る上で最低限必要なものとして、ライト+チェーンロック、あとは前回記事でも書いた輪行バッグ、それと保険の料金も含めて10万以内にしたいと店員さんに伝えました。

折りたたみ自転車購入に際して調べてみたところ、安いものは1万円、上はウン十万の世界。当然、値段が上がれば様々な性能が良くなると思われます。とはいえ、上を見ればキリが無く、初めての自転車であるため、そこまで大金は出せない。

しかし、安かろう悪かろうな製品を選んでしまって自転車楽しさがわからないまま悪い印象を持ちたくなかったので、ある程度の品質は欲しい、という落とし所にして、信頼性のありそうなメーカーの中でエントリーモデルとなる自転車が候補になりました。あとは、店員さんのおすすめで「Link N8」を購入するに至りました。

ちなみに、輪行は別に折りたたみ自転車でなくてもできるようなのですが、前後輪を外す必要があったりと手間が増えてしまい、初心者の私はハードルが高く感じたので、折りたたみ自転車にした次第です。本当は、通常の自転車の方が軽いし、走りも良いと思われるので、将来的には折りたたみではない自転車での輪行もやってみたいと思っています。

折りたたみはどうやる?

折りたたみ自転車は、「折りたたまないなら、ただの思い自転車」なんて言われたりもしますが、折りたたむか否かは折りたたみやすさに起因すると思います。折りたたみやすさも購入時に気にして選びましたが、本当に簡単でした。慣れれば30秒程度でできそうな感じがします。

①サドルを固定しているロックを外して、サドルをたたみます。

②ペダルをたたみます。

③ハンドルを水平から垂直にたたみます。

④ハンドルのロックを外して折りたたみます。

⑤フレームのロックを外して折りたたみます。

⑥折りたたんだハンドルをゴムバンドで固定します。

⑦折りたたみ完了!2枚目はサイズ比較用に500mlのペットボトルを置いています。

購入した感想は?

購入した感想は率直に言って、「買って良かった!」です。元々、普段使いしていた自転車は特筆することのない、普通の自転車でしたが、それと比べると走りの快適さが違うような気がします。(素人目線)

流石に輪行先で山道やオフロードを走るとなると厳しいかもしれませんが、輪行先でサイクリングを楽しむには、十分だと感じました。輪行でも普段使いでも使いやすいです。

あとがき

今回は、自転車のお話でした。8月も終わり、季節的にこれからもっと自転車向きな季節になってくるので、色々なところへ走りにいきたいと思います。あとは、まだ今は何もいじっていませんが、今後は色々とカスタムしていきたいです。

今回の写真はこっちにもまとめています→【PhotoGallery】Tern Link N8を購入した

それでは、また

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です