【Swift4.0】TabBarの追加

スポンサーリンク

どうもです。
最近は開発が楽しくなってきました。
開発やら遊びやらでいじったことを備忘録的に残していこうと思った次第です。

色々な人の技術ブログみたいに示唆に富んだ記事ではありませんが、こだわりすぎるとブログに書くのが億劫になるため、考えずに書いていこうと思います。習うより慣れろ。今日はTabBarのお話。

バージョン

swift 4.0
Xcode 9.0
iOS 11

プロジェクトの作成

「Tabbed App」でプロジェクトを起動する。

Main.storyboardを開くと初期状態でタブが二つ用意されている。

タブを追加する

新規のViewContorllerを配置する。

controlキーを押しながら、Tab Bar Contorollerから新しく追加したViewControllerにドラッグする。
表示されるポップアップで「view controllers」を選択する。

新しいタブが増えました!
簡単ですね。

 

遊んでみた

タブを増やしたらどこまでいけるのかというのを試したかったけど、途方もなさそうなので途中で挫折しました。
なんとなくネズミ講を彷彿とさせるような図式になった。

タブは5個までのようだ。
それ以上は「more」として表示される。
こういうアプリたまに見ますね。

せっかくなので、iOS11になって搭載された画面録画を活用してネズミ講タブバーの動きを録画してみました。
moreのタブはテーブルのように表示されて、選択することで対象の画面に遷移できるようですね。
Editについては、もうちょっと詳しく調べる必要が有り。
何か有効活用できるんだろうか。

スポンサーリンク

あとがき

自作アプリの開発を始めました。タブ形式のアプリになるので、基本的なタブの操作について書いてみた。
書くって難しいね。でも、覚える気はする。これがアウトプットの効果か。基礎知識を駄文でまとめてるだけですが、未来の自分やまだ見ぬ誰かの役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です